ヒトプラセンタジェルを個人輸入で買う方法&おすすめサイト

   

 ヒトプラセンタジェルを個人輸入で買う方法を徹底解説

日本ではなかなか入手できないヒトプラセンタジェルは、個人輸入で買うこともできます。

今回はヒトプラセンタジェルの個人輸入での購入方法や注意点、個人輸入代行おすすめサイトをご紹介していきます。

日本国内では、ヒトプラセンタは薬事法で医薬品のみ化粧品としての販売は禁止されています。

ですが、海外の医薬品ヒトプラセンタジェルは化粧品代わりにお肌に塗ると、とても評判がよく口コミを見ると人気も高いです。

海外の医薬品で個人輸入で簡単に購入することが出来ますが、何かトラブルがあったときは自己責任になります。

個人輸入はネットショッピングのように簡単!

医薬品の個人輸入方法は代行業者のサイトから購入することができます。

海外から発送されるので、商品の到着は少し遅くなりますがネットショッピングと変わらずに簡単に注文することが出来ます。

ただ、医薬品の個人輸入では、購入数や用途は薬事法の制限を受けます。

通常個人で2か月以内の使用分まで、個人利用のみで他人への譲渡などは出来ません

ヒトプラセンタを個人輸入する際の注意点

今はインターネットが普及しているので個人輸入も簡単に出来ますが、医薬品を海外から個人輸入する場合の注意喚起が厚生労働省からでています

確認し納得してから購入することをおすすめいたします。

厚生労働省の医薬品個人輸入についての見解

  • 日本の薬事法に基づく確認がされていないし、国により同じレベルで確認されているかわからない
  • 正規メーカー品を偽った偽造品の可能性もある
  • 外国語のため注意事項がわからず記載内容を正確に理解できない
  • 副作用が起きた場合対処方法が不明なことがある
  • 輸入代行業者のトラブルが増えている

ヒトプラセンタジェルを個人輸入で買うおすすめサイト4選

上記の注意点もあるので、信頼のおける個人輸入代行サイトから購入することが必要です。

まず基本的には業者の氏名、住所、電話番号などの情報がしっかり明記されていることや、過去の実績、偽造品などのトラブルがないことも重要です。

そしてお安く購入できるサイトも魅力ですよね。今回はおすすめサイトを4つ選んでみました。

オランダ屋・オオサカ堂

オランダ屋とオオサカ堂はロイユニオン同系列グループのサイトで、業者情報も確かですし、カスタマーサポートもメールのほか日本語電話・FAX(料金は国際通信料個人負担)対応もありしっかりしています。

注文方法もネット、電話、FAX、メールから選べます。運営実績20年、サイト利用者の口コミも薬も問題なくきちんと届くというものが多いです。

どちらもヒトプラセンタジェルを販売していますが、オランダ屋は女性向けでオオサカ堂は男性向けに作られたサイトのようです。その他の商品も興味があればオランダ屋のサイトを見るのも楽しそうですね。

同系列なので値段やキャンペーンは同じです。全国送料無料です。クレジットカード決済が出来ないことが少し不便です。

オランダ屋・オオサカ堂の価格(2018年7月現在)

  • 1箱 2980円
  • 5箱 4407円(1箱881円)

https://orandaya.care/(オランダ屋)
https://osakadou.cool/(オオサカ堂)

ベストケンコー・くすりエクスプレス

ベストケンコーとくすりエクスプレスは同じ会社(イギリス)が運営していますが、お値段が違います。

業者情報も確かですし、カスタマーサポートは日本語メール対応がありしっかりしています。注文方法はネットのみで、全国送料無料です。

クレジットカード決済は可能ですがVISAがつかえません。利用者の口コミから運営も良く評判も良いサイトで商品もきちんと届いています。

ベストケンコー  価格(2018年7月現在)

  • 1箱  2980円
  • 5箱  4780円(1箱956円)
  • 10箱 7320円(1箱732円)
  • 20箱 12180円(1箱609円)

https://www.bestkenko.com/(ベストケンコー)

くすりエクスプレス  価格(2018年7月現在)

  • 1箱  2980円
  • 5箱  4780円(1箱956円)
  • 10箱 6880円(1箱688円)

https://www.kusuriexpress.com/(くすりエクスプレス)

オランダ屋・オオサカ堂が5箱までに対して、ベストケンコーは20箱でまとめ買いをした場合は1箱609円とお得です。

キャンペーンもあるとさらにお得に購入することが出来ます!

ヒトプラセンタジェルを個人輸入で買う前に!国内医薬品プラセンタ

パルモアー医薬品

探してみると国内にも動物プラセンタ配合の医薬品、パルモアー軟膏というものがありました。プラセンタリキッド5%配合です。

用量、用法を守れば長期間の使用も問題ないようです。

効能は皮膚の栄養および保護、肌荒れ、にきび、皮膚乾燥などです。

ヒトプラセンタではありませんが、プラセンタ配合の国内医薬品が気になる方はチェックしてください!

ヒトプラセンタジェルは個人輸入で簡単に手に入る!

ヒトプラセンタジェルは個人輸入でネットショッピングと変わらず簡単に購入することが出来ます。

口コミを見ても皆さん気軽に購入し、効果も高く気になる商品ですよね。

ただし、個人輸入に関するリスクに関しては自己責任です。総合的に考えてご検討下さいね!

で、結局コスパ最高のプラセンタはどれ?

様々なプラセンタを経験した私が選んだプラセンタはフラコラのプラセンタエキス100%・WHITE’stプラセンタエキス原液美容液と3粒で10,000mg配合のプラセンタつぶです。

 

1.プラセンタエキス原液(美容液)について

プラセンタエキス原液の公式サイトを読んで私の体質に合うか?成分的に問題がないか?正直、怪しくないか?を細かくチェックしました。

▶︎プラセンタエキス原液美容液の公式ページはこちら

即効性を感じたフラコラプラセンタエキス原液を購入し使用して感じた効果など体験談は こちら

特に美容液であるWHITE'stプラセンタエキス原液は長年の悩みであったほうれい線が目立たなくなり、お肌の発色もワントーン以上明るくなった気がします。
after  

2.フラコラプラセンタつぶ(サプリメント)について

プラセンタつぶもやっぱり内服するサプリメントであるので安心して購入できる会社か?原材料などの成分、注意書き等を読みました。

▶︎プラセンタつぶの公式ページはこちら

プラセンタつぶはじめ3つのプラセンタサプリメントを実際に使用して感じた効果の体験談を比較して付けたランキングは こちら

3つのプラセンタサプリメントを飲み比べてプラセンタつぶは他のサプリメントよりも含有量が高くお値段も手ごろという部分で続けやすく、体質から効いている気がしています。

ただ即効性を求めるなら、プラセンタつぶよりもプラセンタエキス原液の方がお肌のもっちり感や発色などすぐに効いたような感じでプラセンタつぶは内側から徐々に効いていき疲労感回復や乾燥に効いている感じですね。